最初はひっそり

指輪

後は既成事実で押す

会社で同じ部署になり、毎日顔を合わせる間柄になると、一日の間、一番多くの時間を過ごしている人になることも少なくありません。特に忙しい時になれば、協力することも増え、その人の人間性に触れる機会も多くなります。お互いの苦労を感じることができ、何かのきっかけで社内恋愛へと発展していく可能性も多くあります。こうして結婚までこぎつけるというケースは多いものですが、付き合い始めのころから堂々と宣言をしないことが職場での社内恋愛のマナーとも言えます。付き合い始めのころは、ややもすれば、周りが見えなくなりがちで、知らぬ間に周りに気を使わせてしまうこともあります。また、勤務シフト調整などで周囲を困らせないようにするためにも、あくまでもひっそりと愛を温めていくことです。特に社内の人数が少ない時は、どうしても雰囲気が伝わりがちになるため、結婚が決まるまでは知らせないようにすることです。ただ、とても仲の良い、また頼りになる間柄の同僚などがいる場合には、こっそりと伝えておくと、スムーズにいく場合も有ります。結婚のあいさつに相手の実家まで行く際に、休みをとりたい、などといった時には、事情を話せば協力してくれるものです。社内恋愛の良いところとしては、相手の苦労を知っていることはもちろん、社内の人が同時に祝福してくれる点です。素直に喜んでもらうためも、結婚が決まるまでは社内恋愛していることは、秘密にしておくことです。